福井県池田町立池田中学校2年だった男子生徒が2017年に自殺し、背景に複数の教員からの過剰な叱責行為があったと指摘された問題。

http://kyouiku.starfree.jp/d/post-8097/

この問題で、遺族側が池田町や福井県に対して計約5470万円の損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が、2021年10月6日に福井地裁で開かれた。

町や県は請求棄却を求めて争っている。

この日の口頭弁論では、生徒に叱責を繰り返したことで自殺の要因の一つになったとも指摘された、当時の副担任が証人として出廷した。

元副担任は法廷で、池田町教委がまとめた事故の調査報告書の内容を否定した。調査報告書で「私の叱責、指導が男子生徒の死の要因の一つとされているのは事実と異なる」とした。その上で、当該生徒を怒鳴ったり強く叱責したことはないと主張した。

正直言って、落胆するような証言である。第三者としてニュースに触れただけでもそう思わせるくらいだから、直接の当事者の心情はもっと辛いものではないかとも推測される。

事故発生時の報道や、町教委の調査報告書などを総合すると、当時の担任教諭と副担任講師がそれぞれ激しい叱責や「指導」を繰り返し、それが生徒の自殺の引き金になったとも指摘されている。

激しい指導や叱責は、同僚教員やほかの生徒がみている前でもおこなわれていたともされる。それが「存在しない」というのなら、いったい何が生徒を死に追い込んだ要因になったのかということにもなってしまうということにもなる。